「書きたい人」から「書く人」になろう!〜ブログを始めるための3つのポイント

  •   
    ラップトップと女性

    ハロハロ〜、えひめのMiho(@ehime_miho)です!

    先月、行正り香さんのパーティーにて数人の方からブログを書くことについてのご質問をいただきました。

    ・ブログを始めたいけど、一歩が踏み出せない

    ・書きたいことは浮かんでいるけど、いざ書くとなると難しい

    といったお悩みでした。

    よく分かりますそのモヤモヤ……私もそうだったから。

    12年前のアメブロ最初の記事「祝!ブログスタート」をみてみましょう。

    写真も無いたった数行の文章を書くのに、ああでもないこうでもないと悩んですごく時間がかかった記憶が 汗

    ブログを始めるってホント難しい。

    質問をくれたあの方の文章は、進んだでしょうか…。

    ブログの執筆について思うことを書いてみるので、よかったら参考にして下さい。

    書けないのは自分にツッコミを入れすぎているから

    当時を思い返すに、初期にブログを書けないのは文章力が理由ではありません。

    自分にツッコミを入れすぎているからです。

    例えば、

    ・こんな何者でもない自分が、ブログなんて書いて良いのかな

    ・面白くないって誰かに笑われそうで、恥ずかしい

    ・どんなノリで書いたらいいか分からない

    ・そもそも私、何でブログを書きたんだっけ

    などなど。

    自分へのダメ出しがあふれて、書きたい気持ちにブレーキがかかっているのかもしれません。

    そんなあなたに、この3つを伝えます。

    自分の話したいことを一つだけ、ウンウンと聞いてくれそうなあの人に向けて、のびのび書いてみましょう!

    一つづつ簡単に説明しますね。

    ラップトップと花柄ノート

    ⒈自分の書きたいことを一つ書く

    よくブログ記事は「誰かの悩み、課題を解決すると良い」と言われます。

    でも、まず始めは自分の書きたいことを、欲張らず一つづつ書くことをお勧めします。

    なぜならそうでないと楽しく書けないし、続かないからです。

    自分の好きなことを書いていると、思わぬタイミングでときどき良いことが起きます。

    私の場合は、ブログが自己紹介の代わりになり、憧れる方とお仕事ができたり趣味の合う友達ができたりしました。

    ⒉誰か一人に向かって書く

    インターネット上に記事を公開すると「全世界に読まれるんだよね!?」と怖くなったりしませんか。

    そんな時は、あなたの話をニコニコと聞いてくれそうな誰かを一人、思い浮かべましょう。

    その人に話しかけるように書くと、あら不思議!

    ス〜ッと書きやすくなります。

    そのわけは、自分の立ち位置や語り口(文体)が自然と定まって、文章に集中できるからだと思います。

    私の場合は、行正り香さんやり香さんファンの方が読んだ後「あ〜面白かった」と言ってくれますように、と思って書いています。

    タイプライターと向日葵

    また、「過去の自分」に向けて書くのも良いです。

    公開!【保育士実技試験】ピアノで不合格になった理由と対策4つ」は、当時なかなか合格できなかった自分に向けて書きました。

    古い記事ですが、毎年保育士試験のたびによく読まれています。

    ⒊気楽にのびのび書く

    もし自分ツッコミが発動して書けなくなったら、こちらのnoteをお勧めします。

    「文はびっくりするほど短く、書くことを簡単に」など、書く背中を押してくれるステキなnoteです。

    ◇参照>>>ブログが書けない時に読みたい2つの【note】

    おわりに

    ブログを書く一歩目には勇気がいりますね。

    ぜひ楽しい気分になって一記事目を書いてみて欲しいです。

    最初はびっくりするほど書けないし、びっくりするほど読まれません 笑 

    でもそれが普通だから、大丈夫。

    ひとつ書けたら、あなたはもう「書きたい人」から「書く人」になっています。すごいことです!

    応援しています♪

    ラップトップと笑顔の女性