ソーイング歴25年!作った55着から【ほめられ服18選】をご紹介

  •   
    ソーイング歴

    こんにちは!えひめのMiho(@ehimemiho)です。

    先月「入学式用!ラベンダー色のセットアップを作りました」という記事を書いたところ、作った服をもっと見せて!というメッセージを頂きました。

    今日はこれまで作った服の中から着ているとよく褒められる「お気入り18着」をご紹介します。

    私のソーイングは本を参考にした自己流で、教室に通ったことはありません。

    25年以上前から趣味として続けており、保管している型紙を数えたところ55着分ありました

    作った服は、通勤やお出かけに週5回以上着て楽しんでいます。

    ⒈春夏の服

    ①ノースリーブのワンピース

    こちらはソーイング初期に作った一枚で、色と柄が気に入って布地を選びました。

    でき上がってから気付いたのですが、カーテンのような厚い布のためノースリーブにもかかわらず真夏には着れません、

    ソーイング

    でも梅雨どきにカーディガンを羽織って着るとピッタリなので、毎年出番があります。

    驚くのは難易度の高さで、「襟付き、ボタン11個、2段ギャザー、胸ポケット2個、柄合わせ、ウエスト紐」と、工程がとにかく多いです。

    ソーイング

    よくビギナーでここまで作れたなぁ…と感心。それだけ作りたい気持ちが強かったのでしょう。

    ◇型紙:茅木真知子さん「いつまでも好きな服 Part2」p22

    ◇布地:松山の布地屋さん「マツケ」

    created by Rinker
    ¥2,793 (2022/01/26 20:41:27時点 Amazon調べ-詳細)

    ②レースのワンピース

    グリーンが爽やかなコットンのドレス。刺繍部分を裾と袖口に使った、エレガントな一着です。

    ソーイング

    布地は東京・西荻窪の布地屋さん「Pindot」で偶然手に入れました。

    背中にも刺繍がいっぱいできれいでしょ?

    ソーイング

    布地を買って数年後、このワンピースにしたくて型紙を置いたら布地がほんっとギリギリで足りました。
    その時のうれしさといったらもう…!まるで奇跡のワンピースです。

    ◇型紙:茅木真知子さん「そのまま着ても、重ねて着ても ワンピース」p 19

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    created by Rinker
    ¥1,430 (2022/01/26 20:51:07時点 Amazon調べ-詳細)

    ③カットソー

    シャリっとした綿麻、ストレッチがきいて着心地満点のカットソー。フレアースリーブがおしゃれです。

    ソーイング

    エスニックなネックレスを合わせるのが気に入っています。

    ◇型紙:笹原のりこ「さり気なく甘い服」p6,7

    ◇布地「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    ④ボックススカート

    布をネットで見て迷彩柄がカッコいい!と思い、珍しくスカートを縫いました。

    ③のカットソーとセットでよく着ます。

    ソーイング

    いい感じにゴワっと張りのある布ですが、ストレッチが効いているのでヒップがきゅうくつになりません。優秀!

    ◇型紙:茅木真知子さん「わたしのスタンダード」p8

    ◇布地「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    created by Rinker
    ¥5 (2022/01/26 20:41:29時点 Amazon調べ-詳細)

    ⑤リネンのワンピース

    ハイウエストにゴムシャーリングが入ったシンプルなワンピース。

    手描き風の大きなバラ模様が上質な麻に描かれて、スペシャルな一着です。

    ソーイング

    本が発売されてすぐ本と同じ布を購入して作りました。

    茅木真知子さんのパターンは、シンプルでさりげないのに着るとめちゃくちゃお洒落です。

    ◇茅木真知子さん「ホームクチュールセレクション」p5の作品

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    ⑥カーディガンジャケット

    ⑤のワンピースに合わせてカーディガンも作ってみました。

    ソーイング

    薄くやわらかな布地で、日よけ&二の腕隠しになかなか重宝しています。

    これを初めて着たのはアンデルセン広島の行正り香さんのイベントで、ぎりぎりに完成してうれしかった思い出が早くまた自由に旅行がしたいなぁ。

    ◇型紙:茅木真知子さん「好きな布で作る服」p9

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    ⑦レーヨンの水玉ワンピース

    ボートネックのゆったりドレス。ファスナーもボタンもポケットもない形で初心者さんにもおすすめです。

    ソーイング

    トロッと落ちるレーヨンだから、たまには女性らしくなりたい気分の時に大人っぽく着られます。

    タートルニットとタイツを重ねて冬も着られるのでお得なです。

    ◇茅木真知子さん「ドレスメーキング アット ホーム」p28の作品

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    created by Rinker
    ¥1,430 (2022/01/26 20:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

    ⑧赤いカーディガン

    ウールガーゼで作った軽くて暖かい一枚。肩のこらないラグラン袖です。

    ⑥の水玉ワンピースに合わせて着るのが定番です。

    バイヤス布で作ったフリルがアクセント。

    ボタンや襟がなくて作るのも簡単だから、ウール素材が初めてでもトライしやすいと思います。

    赤い服を「買う」のは勇気がいりますが、自分で縫うなら気楽でOK。色や形を自由に選べるところが、ソーイングの醍醐味だと思います。

    ◇型紙:茅木真知子さん「きれいにみえる服」p25

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    created by Rinker
    ¥1,430 (2022/01/27 16:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

    ⑨コットンワンピース

    暑い夏こそ、パキッとした白黒の服が着たくなりませんか?

    こちらはソーイング雑誌「コットンフレンド」に掲載の布と型紙を使用したワンピースです。

    ソーイング

    何と言ってもこちらの布地をまず気に入りました。くっきりとした白黒にうすいブルーの差し色が目を引く、高品質のコットンです。

    なんと布地のお代は約3,000円!さすが手芸センタードリームさんです。

    高密度のため一枚で着ても透けません!夏は裏地なしでアッパッパ〜と涼しく着たいですからね。

    黒いサンダルを履いて日傘をさせば、真夏のおでかけスタイルの完成です♫

    ◇布地:手芸センタードリーム

    ◇型紙:コットンフレンド(2016年 Vol.59)

    コットンフレンド(2016年 Vol.59)

    ⒉秋冬の服

    ①一重仕立てのコート

    きれいなブルーのウールで、ガウンのようなコートを作りました。

    まずなんと言っても布地が素晴らしいです。しっとりなめらかで艶もあって美しい。

    ソーイング

    香田あおいさん著「秋冬の服」の表紙のコートに使用されていました。

    出版直後だったので、香田さん主宰のソーイング教室の通信販売で同じ布を購入できました。

    デザインは悩んだ末、茅木真知子さんのコートに決めました。私にはこちらの方が着やすい形だと思ったからです。

    お花見の頃に、淡いグレーのパンツに薄いピンクのブラウスを着て羽織ると最高です。

    ◇茅木真知子さん「いつもの服をホームクチュールで」p26

    ◇布地:LaLa Sewing sewing

    created by Rinker
    ¥262 (2022/01/27 17:08:16時点 Amazon調べ-詳細)

    ②ダブルガーゼのスタンダードシャツ

    えんじ色に一目ぼれをして買ったダブルガーゼ。

    その風合いを活かそうと初めてのシャツに挑戦し、ふんわり柔らかな一着ができました。

    ソーイング

    ところが、完成してまず最初に思ったことは「もうシャツは縫わない」!

    なぜなら袖口や襟といったパーツが多くて、制作がめちゃくちゃ大変だったからです。

    貴重なこのシャツにはライトグレーのパンツを合わせ、ほっこりとした温かさを楽しんでいます。

    ◇茅木真知子さん「私の好きなシャツスタイル」p5の作品

    ◇布地「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    created by Rinker
    ¥1,430 (2022/01/26 21:18:13時点 Amazon調べ-詳細)

    ③ウールのチュニック

    上質な綾織のウールリネン。

    初めてハサミを入れるときはドキドキしたなぁ…。

    ソーイング

    襟に幅のちがう二段のフリルがついています。袖口にも一段のフリルで、ちょうど良い甘さです。

    茅木さんのデザインは着た時にハッとするほどステキに見えるから大好きです。

    ◇型紙:茅木真知子さん「かんたんなのにGood Looking」p21

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    ④Aラインのワンピース

    こちらの一着は、ポリエステル(バックサテンシャンタン)という服地で、表面に光沢があって軽い着心地が特徴です。

    ソーイング

    たまたま立ち読みしたソーイングブックで個性的なフラワープリント に一目惚れ。すぐ販売元を調べて購入しました。

    この布は薄いのに全く透けず、シワにもなりません。上品な光沢があってとても優秀な布地です。

    よくみるとちょっと甘いデザイン…袖口が二段のフリルになっています♫

    笹原のりこ「さり気なく甘い服」p12,13の作品

    ◇布地の購入先:ヨーロッパ服地のひでき(楽天)


    同じ布が当時IKUKOの服に使用されていました。柄と光沢が印象的なのでシンプルな形が合うのですね。

    ソーイング

    ⑤バイカラーのワンピース

    身頃は上品なベージュのボア地、スカート部分は圧縮ウールで作ったシックなワンピース。

    ファーティペット(襟巻き)も作りました。ナチュラルなバンビ柄のフェイクファー製で暖かです。

    ソーイング

    真冬はブーツが良いですが、透かし編みの黒タイツにバレエシューズもけっこう合います。かわいいです♫

    ◇◇型紙:伊藤みちよさん「MayMeスタイルの大人服」p26

    ◇布地:「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    created by Rinker
    ¥1,320 (2022/01/27 01:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

    ⑥ハイウエストローブ

    襟に巻いたショール(かぎ編み)を先に編んで、それに合うワンピースを買おうとしれど見つからなかったので縫った一着。

    ソーイング

    ちょっと色が地味なので出番が少くなりがちですが、茶色のショートブーツに籠バッグを合わせて着てみたりしています。

    ◇型紙:大川友美さん「いつもの服、きれいな服」p13

    ◇布地:「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    created by Rinker
    ¥1,430 (2022/01/26 20:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

    ⑦ジャンパースカート

    ソーイング

    ◇型紙:茅木真知子さん「ドレスメーキング アット ホーム」p26

    ◇布地:「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    見返しはブルーグレー。タグはfab-fabricさんのオリジナル。衿ぐりバイヤステープでをくるんでいます。

    ファスナーなしで、とても簡単!冬に着る赤いウール…心も体もぽっかぽかになります!

    裾の切り替えがデザインのポイントでしょうか。裾は布端は切りっ放しのバイヤスで、ほつれないように一本ミシンをかけています。

    ⑧ボートネックの切り替えワンピース

    ローウエストの切り替え、スカートにはタックが入ってかわいらしいです。

    オレンジ系にブルーの入った珍しいチェックに合わせたのは、身頃の濃紺ウールです(写真では黒に見えますね)。

    ソーイング

    東京に遊びに行く際に着ようとせっせと夜なべをして制作。着ていく場所やシチュエーションがはっきりしていると、作るスピードが速くなって良いですね。

    プリーツがきれいにできた時は飛び上がるくらいうれしかったなぁ。通勤では着ないとっておきのお出かけ服です。

    ◇型紙:伊藤みちよさん「MayMeスタイルのソーイング」p26

    ◇布地:「fab-fabric (ファブファブリック)ソーイング スタジオ」

    ⑨ウールガーゼのブラウス

    淡いベージュのウールガーゼに、ウール刺繍をした透けるチュールレースを重ねたブラウスです。

    ソーイング

    後ろ姿も素敵でしょ?ギャザーと紐で凝っています。

    ソーイング

    余ったウールガーゼがギリギリ足りて、二段のギャザースカートを作りました。セットアップにしておくとお出かけに便利です。

    こちらも東京に遊びに行くときに着た思い出の一着です。

    ◇型紙:茅木真知子さん「きれいにみえる服」p22

    ◇布地:東京・西荻窪「 pindot(ピンドット)」

    created by Rinker
    ¥1,430 (2022/01/27 16:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

    おわりに

    これまでに作った服の中から、その一部をかけ足でご紹介しました。どれかお好きな服はありましたか?

    25年以上飽きずにソーイングが趣味の私ですが、ソーイングの楽しさは三つあります。

    ①布を選ぶ楽しさ

    ②完成に近づく途中のワクワク

    ③着て出かける楽しさ

    の3つです。

    ぜひみなさんもソーイングの楽しさにみ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

    それでは、また読みに来てくださいね〜!

    関連記事>>入学式用!ラベンダー色のセットアップを作りました

    関連記事>>【続】ソーイング歴25年〜作った55着から【ほめられ服10選】をご紹介

    関連記事>これから縫いたいおしゃれ服【厳選11点】〜布地とセット