ライター応募の結果はいかに!?公式ブログに掲載頂いた記事のご紹介

  •   
    ninoya記事

    こんにちは、えひめのMiho(@ehime_miho)です。

    約2ヶ月前、Web集客コンサルティング会社(株)ninoyaさまのライターに応募しました。

    応募の理由やエントリーの内容は「2021年【WordPress/ライティング/Webサイト制作】の実績まとめ」にまとめています。

    その結果、なんとありがたいことに書類選考を通過、試しに二記事ほど書くチャンスを頂きました!

    約1ヶ月間やってみた結果、仕事や家庭との両立が難しくライターを続けることはできませんでしたが、憧れの会社のブログに記事を載せて頂いたことはとてもうれしく、自信にもなりました。

    そこで今日は掲載された記事をご紹介するとともに、ライター試用期間に感じたことを書きたいと思います。

    ◇執筆した記事2つ

    WordPressを利用してサイト運営を始めたい方、既にされている方に向けた二記事を執筆しました。

    【2021最新】日本語のWordPressテーマおすすめ7選(有料/無料)

    最初の記事は日本語のWordPressテーマについて自ら調べ、おすすめの7つのテーマをご紹介する記事です。

    記事>>【2021最新】日本語のWordPressテーマおすすめ7選(有料/無料)

    会社の公式サイト用の記事なので、プレッシャーの大きさは自分のブログとは比べものになりません。

    「正しい情報を矛盾なく分かりやすく書かなくては…」ととても緊張しました。

    納品期間は1週間のところ、仕上げに時間がかかったために5日間伸ばして頂きました。納品できた時の達成感と安堵の気持ちは、今思い出しても胸がいっぱいになるほど大きいものでした。

    苦労はしましたが、WordPressテーマについてこれだけ広く調べたり比較したことはなかったのでとても勉強になりました。

    WordPressの予約投稿ができない!失敗時の対処法と予約投稿の手順を解説

    二つ目は手順を解説する系の記事です。最初の記事で苦心したことを担当の方に話したところ別ジャンルの記事をご提案下さいました。

    記事>>WordPressの予約投稿ができない!失敗時の対処法と予約投稿の手順を解説

    手順ごとにスクショを撮り、必要に応じて文字を入れる等の作業はスムーズでした。情報を順番にまとめる作業は比較的得意なのだと気づきました。

    難しかったのは、正しく説明しようとすればするほど専門用語が避けられないジレンマにおちいったことです。

    専門用語を詳しく説明しようとすると、どんどん文字数が増えるので困りました。

    解決策としては「正確さと分かりやすさ」の落とし所を探って書きあげたうえで、自信のない箇所を担当の方に厳しいチェックして頂くようにお願いしました。

    注:サイト掲載にあたっては二記事ともに、Web担当の方の校正、修正を経ています。プロの手が入るとこんなにも自然な読みやすい文章に変わるのか…!と感動しました。

    ラップトップと女性

    ◇担当の方から頂いた評価

    Web集客コンサルティング会社(株)ninoyaのWeb担当の方からは、「ユーザー目線の良い原稿と高評価」「丁寧に書かれたのがわかる原稿」とのお言葉を頂きました。

    ユーザーに寄り添った事業で定評のあるninoya様に評価して頂いたことは大変うれしく、一定の書く力はあると自信になりました。

    ◇ライター試用期間に学んだこと

    今回のライターへの挑戦をとおして感じたことは二つあります。

    まず、私の書くスピードがあまり遅いため、仕事と家庭とライター業のバランスをとることが難しい点です。

    ninoya様からの事前指示は分かりやすく的確で、取り掛かりは順調です。しかしあまりにも書くのに時間がかかって家庭のことが何もできなくなりました。

    「慣れてないから仕方ない、続けていれば早く書けるようになるはず」と葛藤しましたが力尽きました。

    一生懸命に集中しても一記事に15時間くらいかかりました。時間がかかると次第に飽きて頭の回転が鈍り、さらに時間がかかる悪循環になるのです。

    この経験を通じて「委託された記事を書いてお金を頂くのは、決して楽じゃない」と身に染みて分かりました。

    二つめに学んだことは、リモートで仕事をするうえで「会社の雰囲気や担当の方との相性の良さ」はとても重要という点です。

    ninoya様の雰囲気については、以前事業者向けのテーマ『New Standard』を試した際に好印象をもっていました。テーマがシンプルで応用が効き、問い合わせ対応も迅速で親切だったからです。

    さらにはライター応募の際「ninoyaが大切にしている考え方」で「利益主義と定時退社」を掲げていることを知って密かにファンになっていました。

    同様に試用期間にお世話になったライター担当の方も丁寧な方で、心理的安心感をもって書き進められました。

    このように、好きな会社の尊敬できるプロのおかげがあったからこそも思いっきりチャレンジができました。「現段階では難しい」と納得するまでやりきることができたので、とても感謝しています。

    まとめ

    この度Web集客コンサルティング会社のライターに応募し、書類審査を通過しました。

    記事に対して良い評価を頂いたものの、家庭との両立が困難で現時点ではライターを続けられませんでした。

    しかし以前からファンだったninoya様のブログ記事の一端を担えたことは、このうえなく光栄で自信もつきました。

    もしも将来ライターに再挑戦するときにはもう一度ninoyaの門をたたけるよう、これから益々精進したいです。

    今日もお読みいただき、ありがとうございました!