「うえの」のあなごめしが宮島に行かずに食べられる穴場スポット【広島三越店】

  •   
    うえのカウンター写真

    みなさまハロハロ〜!

    先日、広島市内で並ばず買える宮島「うえの」のあなごめし弁当について書かせて頂きましたが、今日は同じく「うえの広島三越店」にあるイートインコーナーをご紹介します。

    参考記事>>>宮島の老舗「うえの」あなご飯弁当が広島市内で並ばずに買える

    あなごめし発祥の地といえば、老舗「うえの」。しかし、うえの宮島口本店では行列は必須、観光シーズンには1時間待ちも珍しくないようです。

    でも「宮島まで行く時間がない…広島中心街で並ばずに絶品のあなごを食べたい!」という方も多いのではないでしょうか?じつは私もそうでした。

    今日はそんな方に向けて、うえの広島三越店のカウンター席をご紹介します。こちらを予約すれば隠れ家のようなデパ地下カウンターで、美味しい釜炊き穴子飯御膳あなごめしを堪能できますよ。

    参考サイト>>>うえの広島三越店のホームページ

    ご注意! 記事内の写真は2019年4月の価格改定前のものです。最新の価格は「うえの広島三越店のホームページ」にてご確認下さい。なお、記事本文にある価格表示は改定後の価格です。

    うえの広島三越店のカウンター席

    私がうえののイートインコーナーを知ったのは、お土産にあなごめし弁当を買いに行った時でした。ショーケースを見るとなにやらお膳にのった釜飯風のあなごめしが…美味しそう(写真右下緑のマル)

    うえの広島三越店
    釜炊き穴子飯御膳

    ふと右手奥に高級感あふれるカウンターがありました。とても明るく清潔感のあるお席で、丼や御膳をいただけるんです。

    うえの広島三越店カウンター
    うえの広島三越店カウンター席

    うえの広島三越店:予約直通電話→ 082-242-3194

    メニュー(料金)

    うえの広島三越店、メニュー
    2019年4月に価格改定がありました。
    現在の価格は、うえの広島三越店のホームページをどうぞ!

    釜炊き穴子飯御膳:3,101円 (値段表示は全て税込)

    おこげが絶品の釜炊き御膳です。炊き上がりから蒸らしまでカウンターでごゆるりとお待ち下さいませ。食べ頃をご案内致します。最初はそのまま。2杯目はわさびなど薬味をのせて。〆は出汁茶漬けでお召し上がり下さい。

    うえの広島三越店のホームページより

    あなごめし:特上(2,750円)、上(2,250円)、小(1,951円)

    カウンター席の予約

    釜炊き穴子飯御膳のみ、席の電話予約ができます。日にち、時間、お名前、電話番号、人数を伝えましょう。

    カウンターが空いていれば予約なしでも御膳を注文できますが、 炊き上がるまで20分待つため予約がオススメだそうです。

    直通電話→ 082-242-3194

    注意点・カウンター席の予約ができるのは「釜炊き穴子飯御膳」のみ。「あなごめし」は席が空いていれば食べられます。
    混雑状況によっては予約ができない場合があります(お盆やゴールデンウィークなど)。
    カウンター席で「あなごめし弁当」は食べられません。

    お店情報

    場所:広島三越B1F (広島県広島市中区胡町5-1)地図コチラ
    アクセス:JR「広島駅」から市内電車「胡町(えびすちょう)」下車徒歩1分
    営業時間:10:30~19:30(イートイン18:00LO)※あなごめし弁当は売り切れ次第終了。
    定休日:広島三越に準ずる

    いかがでしたか?宮島までは足を伸ばせなくても、直営のデパ地下カウンター席で名物のあなごを頂けるのはうれしいですね。

    広島へ行ったら、うえの三越店のカウンターで思い出に残る美味しいお食事を楽しんでみてはいかがでしょう。

    ではでは、また読みにきてくださいね〜!

    関連記事>>>宮島の老舗「うえの」あなご飯弁当が広島市内で並ばずに買える

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。