【2020年3月の読書メモ】読んでよかった5冊!

  •   
    読書メモ

    こんにちは、えひめのMiho(@ehimemiho)です。

    きょうは、今月読んでよかった本5冊について【読書メモ】を書きます。

    上旬に読んだ2冊の【読書メモ】は、3/6の記事「不美人コンプレックスのアラフィフ、美容にめざめる!読んでよかった本2冊」で先に書いております。こちらも星5つ★★★★★の素敵な本ですので、おすすめです♪

    2020年3月に読んでよかった、5冊

    ①これからを生きるための無敵のお金の話 

    created by Rinker
    ¥1,316 (2020/09/29 06:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

    ★★★★☆ ひろゆきさんの本は先月2冊読んで面白かったので、今月も一冊、お金の本を。

    ひろゆき(西村博之)さんは、インターネットの匿名掲示板「2チャンネル」を開設したあと、多くの企業に携わりながらニコニコ動画を開始。大反響を読んだほかプログラマーとしても活躍し、現在はパリ在住。

    不安がつきまとう老後のお金について、発想がぶっ飛んでいる人の考え方を知りたくて読みはじめたら、「時間」のとらえ方をまるっと揺さぶられる内容でした。

    ②勝者の思考回路

    ★★★★☆ ブランドプロデューサー紫田陽子さんの新刊。昨年放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は20回は観たでしょうか。とにかく、紫田さんの言葉の分かりやすさと、仕事(顧客)との向き合い方に魅了されました。

    番組で「夢はもたない」と話されていて、ずっとどういうことかな?と思っていましたが、この本にその答えがありました。大事なのは「思考回路」。単にポジティブな「考え方」なら良いわけではないそうです。

    成功に向かう思考回路は、良い「感想」を多くもつことから始まる、「感動と言葉とストーリーが重なると、最強」など、わかりやすい言葉で語られています。読むとぐんぐん力が湧いてくるようでした。

    日々、目の前にあることへの取り組み方のみが未来の自分をつくる。
    一所懸命自分らしく取り組んでいったら、最後に人生がどんなふうになるのか楽しみにしている。

    紫田陽子さん〜NHKプロフェッショナルより

    紫田さんのこの言葉に、ますます共感をおぼえた一冊でした。

    関連記事>>>GOETHE「成功率100%を導く方法とは? ブランドプロデューサー柴田陽子『勝者の思考回路』」

    関連生地>>>ウートピ『勝者の思考回路』は誰でも持てる ブランドプロデューサー・柴田陽子の仕事術

    読書

    ③大好きな人が振り向いてくれる本

    ★★★☆☆ 「男性の心理」を知りたくて読んだ本です。読んだ理由は、異動してからというもの、職場で「怖く見られているのでは」「話しかけづらいと思われているのでは」という不安が消えなかったからです

    そこでなぜ、恋愛の本!?と、突っ込みたくなりますね。相当こじらせていたのでしょう…。

    で、この本を読んで一番強く思ったのは「恋愛方程式なんぞこれっぽっちも知らずに、あたしはよく結婚できたな…」という一点です 笑。思わず夫に「結婚してくれてありがとう、あなたは稀有なお方だね」 と言ったくらい、女子としての恋愛上の振る舞いを、初めて知った一冊でした。

    ④ブスが美人に憧れて人生が変わった話。

    ★★★☆☆ 私は女子アナが嫌いです。女子アナのでる民放番組は、絶対に見ません。理由は、女子アナが男性に媚びているように見えて面白くない、というのはおもての理由で、本音は「美人がうらやましい」からです。

    この本の前半の半分以上は、著者のフジコさんが「どれだけブスで、性格もブスだったか」が語られて、正直目を背けたくなりました。きっと昔の自分を思い出して、似た所があったからだと思います。

    でも…!美人になりたいと決意して「美人をパクり、トレースする」ところからがめちゃくちゃ共感できて面白い。フジコさんが観察した美人の共通点「お礼を言う、人を褒める、自分に手間をかける」の3つを実行しはじめると、どんどん内面から変わっていくのです。

    「美人は、実はえらかった」と気づイタリ、職場がの居心地が良くなったと思ったら、念願だったショップをもつまでになったそうです。

    そして最後は「この世には、100%の美人も100%のブスもいない。美人もブスも誰の中にもいます」の言葉で締めくくられていました。じーん…なんか涙出そう。  

    「私もキレイをめざそう、美人に近づこう!」そう思えた一冊です。

    ⑤女は、髪と、生きていく

    created by Rinker
    ¥1,430 (2020/09/29 06:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

    先月読んだ「女の人生は髪で変わる」の著者「佐藤友美(さとゆみ)さん」の最新刊。一冊目を読んでから、ヘアライター&エディターである佐藤さんがかいた文章をウェブでもよく読むようになりました。

    さとゆみさんの言葉は力強くて温かい。ぐんぐん心に入って勇気がわいくる感じが、好きなんです。先日もDRESSのサイトで「髪を好きになったら、自分も好きになれた。“私なんか”が“私でも”に変わるまで」をじっくり読んで、ハッとする言葉に出会いました。

    それは「なりたい自分を表現できる人は、美しい」という言葉。

    「どんな自分になりたいか」を考え、それを実現する性格を持った髪型を手に入れると、人生が本当にうまくまわるようになる、とおっしゃいます。

    そこで新刊の出番です。それぞれの髪型にどんな性格があるか、美容院でのオーダーの仕方や美容院の選び方、手に入れた髪型のキープ方法など、ワーク形式もまじえながら、わかりやすく載っていてすぐ役立ちます。すごくお得!

    髪の力を上手に使って、自分の想い通りの人生を楽しみたい方に、ぜひおすすめの一冊です♪

    終わりに

    今日ご紹介した5冊はいかがでしたか?

    仕事が休みの日も、春休みの子供たちがいるため、ゆっくり読書とはなかなか行かない3月でしたが、今月は7冊読めました。

    上旬に読んだ2冊については、3/6の記事「不美人コンプレックスのアラフィフ、美容にめざめる!読んでよかった本2冊」で先に書いております。

    こちらの2冊も星5つ★★★★★の素敵な本ですので、おすすめです。よろしかったらぜひ手に取ってみてくださいね。

    ではでは、また読みに来てくださ〜い!